Home » The Legacy of Falenagos by oohashidaiki
The Legacy of Falenagos oohashidaiki

The Legacy of Falenagos

oohashidaiki

Published
ISBN :
Kindle Edition
39 pages
Enter the sum

 About the Book 

厳かなファルナゴスの王国は、ハイパーボリアの全ての領土を超えて強大であった。悠久の太古の伝承が物語るように、神話であり、夜霧のヴェールに覆い隠された密林の秘境にかくも偉大に存在し続け、時によって長大な歴史が綴られた。太古の神々を模した彫像が天上に示したシンボルのように、ファルナゴスは極北の大陸の絶大なる象徴となり、名声が遥か遠く知れ渡り、その軍の武勇譚が異国の地の詩の題材となった。――『ファルナゴスの遺産』より架空の超大陸ハイパーボリアを舞台とした幻想怪奇短篇集第四弾。More厳かなファルナゴスの王国は、ハイパーボリアの全ての領土を超えて強大であった。悠久の太古の伝承が物語るように、神話であり、夜霧のヴェールに覆い隠された密林の秘境にかくも偉大に存在し続け、時によって長大な歴史が綴られた。太古の神々を模した彫像が天上に示したシンボルのように、ファルナゴスは極北の大陸の絶大なる象徴となり、名声が遥か遠く知れ渡り、その軍の武勇譚が異国の地の詩の題材となった。 ――『ファルナゴスの遺産』より架空の超大陸ハイパーボリアを舞台とした幻想怪奇短篇集第四弾。ハイパーボリア大陸にはかつて強大な王国が在り、それらは広大な領土を支配していたという。ファルナゴス王朝の滅亡とその莫大な遺産を巡って繰り広げられる一大秘境冒険譚「ファルナゴスの遺産」、ウズルダロウムの貴族の娘と若き狩猟家の数奇な出会いを描いたロマンス小説「ウズルダロウムの乙女」、古代ロマールでグノフケー族に抗う原住民の凄絶な生き様を記した英雄伝「白い騎手」の全三篇を収録。収録作品・ファルナゴスの遺産・ウズルダロウムの乙女・白い騎手--------------------------------------------------------------------※ 文字数:約40000字